花キューピット 母の日

花キューピットで贈る母の日の鉢植え

花キューピットでは、母の日に鉢植えを贈る人も増えています。母の日に鉢植えを贈るのは、母の日だけでなく、ずっと感謝の気持ちを持っていると伝えるために、切り花ではなく鉢植えで、末永く側に置いて置けるものをと考える人が増えているようです。贈られた人は、植え替えをして、庭先で育てる人もいるようです。

花キューピットでの母の日の鉢植えは、いつも暖かくてまぶしいお母さんのような、春から初夏にかけての花の寄せ植えが人気です。春らしいピンクや黄色のカーネーションに、観葉植物の緑を添えたような、かわいらしく、貰った後も育てやすいものが花キューピットでは多いようです。

また、胡蝶蘭などの蘭の鉢植えも、花キューピットで人気が高い母の日の鉢植えです。還暦の年の母の日や、結婚の節目の年にあたる母の日など、すこしいつもと違った母の日のギフトを、と考えて贈る人が、花キューピットを利用する人の中でも多いようです。蘭や胡蝶蘭は見た目も気品があり、最近では白色の他、ピンクなどの色がついたものもあるので、母の日を華やかに盛り上げたいときに最適です。

花キューピット 母の日

花キューピットで贈る母の日のアレンジフラワー

花キューピットを利用して、母の日に特別なアレンジフラワーを贈る人も増えています。花束やブーケだと少し素っ気無く感じてしまったり、せっかく母の日にお花を贈るのだからとこだわりたい人、人と違うお花、またヒット曲の影響もあって、世界にひとつだけのお花を贈りたいと考える人も多く、花キューピットの母の日ギフトでも、近年ではアレンジフラワーを選ぶ人が増えているようです。

花キューピットで母の日に扱うアレンジフラワーは、オアシスという水を貯えられるようにできた特殊なスポンジにお花を挿し、バスケット(籠)やボックスの中にお花を詰めたものが一般的です。こちらは花束やブーケと違って、籠や箱から出さずにそのまま飾ることができます。ハート型の箱の中に赤いバラやカーネーションをいっぱいに詰め込んだもの、また最近の花キューピットでの流行として、お花をケーキのようにデコレーションしたフラワーケーキも母の日の贈り物として人気です。

花キューピットではこのほかにも、さまざまなアレンジフラワーを母の日ギフトとして用意しています。

花キューピット 母の日

花キューピットで贈る母の日の花束

花キューピットでは、いろいろな種類の母の日のためのフラワーギフトを用意しています。

まず、母の日の贈り物として花キューピットで人気が高いのは、花束やブーケです。花束やブーケは、届いた後花瓶に挿して楽しんだり、ドライフラワーにして、クリスマスによく見かけるリースに飾ると、お部屋のインテリアとして季節に関係なく楽しむことができます。そして、枯れてしまうことがなく、長持ちもするので、贈られた記念にもなります。花キューピットの母の日ギフトで花束やブーケの人気が高いのは、贈る側も手軽で選びやすく、家事や仕事で忙しいお母さんが、手間をかけずに楽しむことができることが、理由のひとつになっていると思います。

母の日というと、赤いカーネーションを思い出しますが、最近の花キューピットで人気があるのは、同じ赤系統のバラやチューリップなどの花を組み合わせるものです。また、かすみ草などの白いお花を入れて赤い色を引き立たせたり、花キューピットのお店によっては、白やピンク色の淡いお花と組み合わせて、優しいイメージに仕上げるものも母の日ギフトとして、人気があるようです。

花キューピット 母の日

花キューピットで贈る母の日ギフト

母の日に、花キューピットでフラワーギフトを贈る人が、近年増えています。母の日に実家に帰って、直接声をかけてあげることはできないけれど、普段はなかなか「ありがとう」と伝えられないお母さんに、この機会に少しでも感謝の気持ちを伝えたいと思う、一人暮らしをしている人や、地元を離れている人、結婚してしまって別々に暮らしている人などが、花キューピットを利用して感謝の気持ちの表現のひとつとして、フラワーギフトを贈っているのです。

花キューピットでは、この母の日前後のフラワーギフトのお届けが、一年の間でも大幅に増える時期のひとつで、母の日に感謝の気持ちを伝えたいという人の多くが、花キューピットを利用していることがうかがえます。

花キューピットでは、利用する人の感謝の気持ちをうまく表現できるよう、季節のギフトの中でも、女性に好まれるような、母の日専用のアレンジや色使いを考えたり、母の日専用の包装を用意したりして、利用する人とその家族へ向けて、母の日という、特別な感謝の日の演出をお手伝いしています。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。